日本語ができる事こそが海外就職の強み

外人

現地採用で海外就職

パソコン

日本または現地で就職活動

日本の求人サイトや、現地に赴いて就職活動を行なって、海外で就職します。その際、意欲やスキルが成功への近道になることもあります。

日本語ができるという強み

購買力が高い日本人をターゲットとした企業が海外に多く、そういったところでは日本語がネイティブにできる事が理由で給料が高くもらえる場合があります。

海外勤務転職エージェント

海外進出しており、雇用後直接海外への勤務を条件にしている求人もあります。そのため、そういった条件から探してみると早く見つかるかもしれません。

日本で地道に就職活動を

国内で就職するよりも簡単ではない海外勤務。海外でよりスキルを求めて、仕事と生活を充実させるためにも焦らずに就職活動をしましょう。

海外就労のQ&A

英語は必須ですか?

最低限の英語のコミュニケーション能力は必須です。しかし、ボディランゲージや少しずつ環境に触れていくことで、日常では困らないようになります。

実力主義のイメージが

海外は日本に比べて実力主義のイメージが強いと思われます。しかし、国によっても大きく異なります。文化が違うからこそ日本人ならではの丁寧なマナースキルなどの力は認められることが多いです。

国のルールなどが心配

文化の違いや考え方の違いに戸惑うことが多いはずです。食生活や生活習慣ももちろん異なります。しかし、日系の企業の進出もあり、日本でおなじみの商品を買える機会もあるので、文化に触れながらも、日本を思い出す機会もあります。

ホームシックが心配

前述と同じく、日本の誇れる文化が外国にも流れています。しかも、日本人を受け入れる地域には同じ日本から来た人も住んでいますので、近くに同じ日本人がいればホームシックの心配は薄いでしょう。

実際給料はどうなのか

日本と同じく、働く場所によって給料は変わります。しかし、物価や文化などでお金の使い方も変わるため、海外で働く日本人の方はお金が貯まるという人の方が多いようです。

海外で働くために

海外生活に含めて就職をすることも考えると、不安が多い海外生活です。一つ一つをゆっくりと考え導き、より良い就業環境を整えましょう。

広告募集中